杉並店ショールーム

無垢フローリングと複合フローリング

こんにちは!

ニッカホーム杉並営業所の大澤です!

 

最近は気温が上がり、最高気温25度を超える日が増えてきましたね。

皆さんも体調には気を付けてお過ごしください。

 

さて、今回は床材について紹介したいと思います。

 

床材には「クッションフロア」「フローリング」「カーペット」「畳」など様々な種類があります。

中でもフローリングは木材を加工した製品、また天然木をそのまま用いた製品で最も人気が高いです。

 

フローリングには大きく分けて「無垢フローリング」「複合フローリング」の2つがあります。

 

無垢フローリング」は天然木100%、「複合フローリング」は合板の上に天然木や化粧シートを貼り、仕上げたものです。

 

 

無垢フローリング

 

20200512160525.jpg

出典:http://www.lixil.co.jp/square/articles/032/

 

 

無垢フローリングのメリット

・様々な材料がある。(杉・ヒノキ・松・オークなど)

・家の耐用年数と同じに使える。

・木本来の素材の風合いを楽しむことができる。

・足触りが良い。

 

無垢フローリングのデメリット

・複合フローリングよりも価格が高い

・メンテンナンスが大変で、お手入れが必要

・季節によって伸び縮みするため、隙間が生じたり、反ってきてしまう。

 

 

複合フローリング

 

複合フローリング

出典:http://www.thlumber.co.jp/Flooring/composite_flooring/lineup_Tamowoodflooring.html

 

複合フローリングのメリット

・安価なものから機能の優れた高価なものまで、幅広い中から選ぶことができる。

・表面が加工されているため、お手入れがしやすい。

・傷や、汚れに強い。

 

複合フローリングのデメリット

・経年とともに劣化していく。

 

 

このように、「無垢フローリング」と「複合フローリング」にはそれぞれの良さがあり、何を優先するのかという点が重要になってきます。

木本来の温もりや、足触りにこだわる方は「無垢フローリング」、メンテナンスのしやすさを優先する方は「複合フローリング」という風に選ぶと良いかもしれません。

 

 

これからの季節。特に暑い夏の日では、調湿作用(無垢材が水分を吸収し、部屋の湿度を下げてくれる)のある無垢材をご検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

以上。

 

 

杉並・浜田山周辺でリフォームをお考えの方は是非杉並ショールームまでお越しください!


この記事を書いたスタッフ

ニッカホームfacebookページ