杉並店ショールーム

壁における断熱材の効果

こんにちは!!!

ニッカホーム杉並営業所の大澤です。

 

コロナの影響で在宅研修が先週まで続いていたのですが、落ち着いてきたので、今週から本格的に出勤できるようになりました!

 

本日、先輩と同行させていただいた現場の写真です↓

 

IMG_1093[1].JPG

 

内容は主にマンションの一室の内装工事でした。

本来はキッチンルームと仕切られていたお部屋だったのですが、今回、LDKにリフォームするという事で、職人さんが解体工事をしていました。

 

 

 

 

また、こちらは窓付近の壁の一部です。カビが発生していたようなので、剥がして、外から水をかけても内側の壁から水が漏れてこないか確認する作業が行われていました。

 

IMG_1098[1].JPG

 

壁を剥がした後の写真になるのですが、壁の中はこのようになっています!

 

断熱材は真ん中の分厚い白いスポンジのようなものです。

初めて実物を見ることができたのですが、私が想像していたよりも軽いものだったので驚きました。。。

 

断熱材を入れることによって、結露を防いだり、冬などに室内の温度を外に逃げにくくさせる効果があります!

 

 

また、デザイナーズ住宅のように、コンクリート打ちっぱなしの壁で断熱材を入れずにむき出しの状態にすると、

断熱効果が低く、結露もしてきてしまいます、、、

 

デザインか性能面か、どちらを優先させるのかということになりますので、

壁を選ぶ際は知っておくと良いかもしれません!

 

 

 

以上。

 

 

杉並・浜田山でリフォームをお考えの方は是非杉並ショールームまで!!


この記事を書いたスタッフ

ニッカホームfacebookページ