杉並店ショールーム

屋根のカバー工法

 

こんにちは!

ニッカホーム杉並営業所の大澤です!

 

梅雨も明けて、最近は暑い日が続いていますね。。。

みなさんも体調には気を付けお過ごしください。

 

さて今回は、屋根のカバー工法について紹介します!

 

カバー工法とは、既設の屋根の上から、新しい屋根をカバーする施工方法です。

 

施工手順は、既設屋根に防水ルーフィングを貼り、

そのルーフィングの上から新しい屋根を下から順番に上張りします。

 

 

ルーフィング↓

20200721193721.jpg

参照:https://www.tajima.jp/juken/index02_02.html

 

 

GMルーフ(新しい屋根)↓

20200721194016.jpg

 

参照:http://www.built-material.co.jp/product/292

 

メリット

 

・廃材が発生しないため、解体工事費と、処分費がかからない

・工期が短い

・屋根を解体しないので生活に支障が出ない

・二重構造になるため耐久性が増す

 

 

このように、費用を抑えて、工期も短く済みます!

 

しかし、屋根の下地となる野地板が腐食していたり、ひどく劣化している場合は施工できないケースもあります。

屋根材が二重になるため、屋根が重くなり住宅への負担が大きくなってしまうからです。

 

 

雨漏れでお困りの場合は、このカバー工法で屋根を新しくすると良いかもしれません!!!

 

 

以上。

 

杉並・浜田山周辺でリフォームをお考えのお客様は是非杉並ショールームまで!!

 

 

 

 

 

 

 


この記事を書いたスタッフ

ニッカホームfacebookページ