杉並店ショールーム

リフォームの醍醐味

こんにちは、施工管理の田中です。

 

梅雨ですね。7月に入っても雨がしばらく続きましてまだ夏の暑さは感じられないですね。

7月後半は梅雨も明けて5月の暑さを超える本格的な夏になるのでしょうか。

 

前回TVのケーブルについてのブログを書きましたが、しばらく空いてしまいました。

今回は、遅ればせながら私の自己紹介をしようと思います。

私は大型事業部で施工管理をしています。主に、規模の大きい工事、例えば戸建ての建物を骨組みの状態に戻し丸ごとリノベーションをするとか

マンションでいうとスケルトンの状態から間取りや既存配管などを丸ごと変えて新しい生活環境を変えるところまでのリフォームに携わっています。

戸建てマンション

といってもニッカホームは営業と現場管理が一担当者で行うため、私は何をするかというと一言でいうと技術補助という位置づけでしょうか。

現調時に担当者と同行して、建物の構造的な部分や、法規的な部分、既存の配管状況の確認を行い、お客様へ技術的な部分の説明などを行っています。

 

過去は、建設会社にいまして、木造 鉄骨造 鉄筋コンクリート造の新築住宅の現場監督を主にしていました。

新築を建てるときは更地の状態から始めます。新しく建てることは最初は醍醐味があって面白いのですが段々慣れてくると、新しい発見はあまりなく作り方は一緒だということに気が付いてきます。繰り返し建てているなと感じてきた頃があったんですね。

また現場監督だから営業と違いお施主様と会うことはほとんどないですし話すとしても完成後の一時だけ。お客様の喜びを肌で感じれるものが欲しかったのかもしれません。

 

今私がここニッカホームにいるのも、お客様と接する機会が増え完成した時に喜びを共有できるところが良かったですね。

もう一つ良いところというと、今まで予想しない発見がこのリフォーム工事においてたくさん出会えるからなんですね。

新築にはないところ。それは、建築の年代によって作り方が違う。昔の大工さんがどのような意図で作ったかが解体しているときに発見できるんですね。まあそれが面白い。

と思って取り組んでおります。

 

今後も新たな発見をした時には、このブログに載せていこうと思います。

今回は文字だけになってしまいましたが今後とも宜しくお付き合いくださいませ。

 

ありがとうございます。

 

 

 


この記事を書いたスタッフ

新築の現場監督(鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造)として8年、リフォームプランナーとして4年積んだ経験を活かして、お客様に安心いただけるリフォームをご提案していきたいと考えております。お気軽にご相談ください。

ニッカホームfacebookページ