杉並店ショールーム

基礎補強工事 その2

こんにちは 施工管理の田中です。

しばらくブログ書けていませんでしたが、先日基礎コンクリートの打設を行いまして

その内容をお伝えしたいと思います。

 

リフォームでコンクリート打設をする。というのはなかなかその機会がないですね。

まして、基礎の補強コンクリート打設となると、スケルトンリフォーム

いわゆるリノベーションの域にまでかかってきます。

 

打設前までの状況では、こんな感じでした。

 

 

 

 

 

前回コンクリートを打設する前にすることを説明いたしました。

土の締固めを行った後の砕石敷き込み・・・

防湿フィルムの敷き込み

そしてコンクリートの骨となる、鉄筋をタテヨコに張り巡らします。

 

0132.JPG

ここから

コンクリートの高さの目印をわかりやすく赤く染めて、さあ打設となります。

 

 

今回の打設では、生コン車が現場の近くに置くことができない為、ポンプ車を動員して

配管を使って圧送します。

20200519200838.JPG

 

ここから配管を使ってガレージをくぐります。

20200519200936.JPG

 

圧送した先で、このように打設を行います。

一人がコンクリートを流し込み もう一人がコンクリートをくまなく行き渡らせ

もう一人が表面をなだらかに仕上げていきます。

20200519201102.JPG

20200519201142.JPG

20200519201219.JPG

 

 

そうするとこんな形に仕上がります。

20200519201301.JPG

20200519201355.JPG

 

今まで荒れていた、土台回りもなんかキレイになって落ち着きましたね。

 

明日以降水分が蒸発しないよう養生して、ようやく上物の組み立てです。

 

今回はこの辺で、次回は梁の組み立てをご紹介いたします。

ありがとうございます。


この記事を書いたスタッフ

新築の現場監督(鉄筋コンクリート造・鉄骨造・木造)として8年、リフォームプランナーとして4年積んだ経験を活かして、お客様に安心いただけるリフォームをご提案していきたいと考えております。お気軽にご相談ください。

ニッカホームfacebookページ